人口は増加し続けるが
動植物などは日々減少し続けている、悲しい現実
RED DATA ANIMALS
バラエティあふれる生命の多様性は、地球という惑星のかけがえの無い
資産です。その総数は数百万種とも数千】万種とも推定され、まだ人間の
目に触れたことの無い植物や動物も膨大に存在していると考えられます。
しかし、そんあ生命の豊かさは、主に人類文明の力によって大きく損なわれ
てきました。
ぼくらの地球・地球温暖化教室
私たちの住んでいる地球が、出来上がったのは 46 億年前です。青い海と
緑の大地そして、大気。生命が誕生し、進化し続けた地球。私たちの原点と
もなる地球を私たち自身が、破壊しています。その結果が、環 境問題のひ
とつになっている「地球温暖化現象」です。地球温暖化とは、一体どういうこと
なのか?今の地球で何が起こっているのでしょうか?
人類滅亡の序曲
地球が誕生して46億年。人類の祖先が登場して350万年。そして高度な
文明を誇る現代。私たち人類は繁栄を続けてきた。しかし未来に待ち受けて
いるのは,さらなる繁栄でも,緩やかな衰退でもなく,大破滅なのだ。
いつになるかは分からないが、かならずやってくる・・・

環境ISO研究会(中小企業こそISO取ろう)
世界の麗峰「富士山」。
静岡県富士市は、この南麓にある製紙業が盛んな工業都市です。 かっては、
公害の街としてヘドロ、ゼンソクで有名でした。  その後、行政、企業の努力で、
ずいぶん良くなりましたが「富士山に、よくにあう環境」には とうてい至っており
ません。環境保全活動には、いろいろな方法がありますが、私たちは「環境ISO」
(ISO14001規格)による自主規制を選びました。しかし、中小企業にとっては
ISO認証取得は困難です。 何といっても「人、物、金」が足りません。
その障害をのりこえて、ISO取得の方法とそのメリットを協力し合って研究
する。 これが「環境ISO研究会」の主旨です。